不要なお酒がお金に変わる買取りサービスとは

「お酒を買い取る」ってどういうこと?

人からプレゼントしてもらったけれども飲む機会がなかったり、いつか飲もうと購入したけれども結局飲まずに家に放置されたままのお酒。
意外と、どの家庭にもあるものですよね。

「きっと今後も飲む機会はないだろうなー」と思っているなら、お酒の買取りサービスを利用しみてはどうでしょうか。
お酒の処分に困っている人にはかなりオススメですよ。

お酒の買取りサービスというのは不要になったお酒を買取ってくれるサービスで、ごくごく一般の人でも利用することができます。

「不要になった古いお酒に値段なんかつくの?」と思う人もいるかもしれません。
ですが心配はご無用!
あなたにとっては古くて不要なお酒でも、そのお酒が好きでたまらない人にとってはお金を払ってでも手に入れたいもの。
だからこそ、買取りサービスの需要があるんですね。

自分にとってはいらないお酒でも、どこかで誰かが美味しく飲んでくれるなら、それを想像しただけでも嬉しくなってきませんか?
しかも、自分の手元にはお金が舞い込んでくるとなれば、もうメリットしかありません。

他にも、家が広くなったり禁酒生活に入りやすくなったりなど、お酒を売ることで得られるメリットがいくつもあるんです。
もし必要のないお酒が家に眠っているのであれば、是非お酒の買取りサービスの利用を検討してみてください。

ネット上に溢れているお酒の買取りサイト

不要になったお酒を買取ってくれるサービスはどこで利用できるのか?という疑問を抱く人も出てくるでしょう。
まずはインターネットで検索してみてください。
ネット上には、お酒の買取りサービスを行っているサイトがたくさん溢れています。
その中から1つを選択して、持っているお酒を売るだけでOK。
とても簡単な作業で終わりますし、何よりも便利。

売ったお酒の行方は、基本的にはそのお酒が大好きな人の元へ届くんですけど、そのプロセスはお店によって異なってきます。
例えば、それぞれのお店が買い取ったお酒を直接お客さんに売ったりするケースもあれば、お店と契約しているレストランなどの飲食店に売っている場合もあります。

もしくは、オークションなどに出品しているお店もあったりなんかして、本当に様々です。
さらに細かいことを言えば、そうした売ったお酒の行方やそのプロセスによって、買取り価格に若干差が出てくることもあります。
買取りサービスを利用した側にとっては、あまり関係のないことですけどね。

とにもかくにも、お酒を売るにはまずネットでそうしたサービスを提供しているお店を調べてみることが第一歩。
是非いろいろと調べてみましょう。
次は詳細について説明していきたいと思いますので、気になる方は続きを読んでみてくださいね。

主に3通りあるお酒の買取りサービスを解説

好きな時に対面しながら売ることができる「店頭買取り」

家に置いたままになっている不要なお酒を処分したい!と思った時にはお酒の買取りサービスの利用がベストなのですが、実際のお酒の買取り方法は主に3つあります。

まず最初に紹介するのは「店頭買取り」です。
お酒の買取りサービスを提供しているサイトの中には、実店舗を持ったところも少なくありません。
店頭買取りというのは、この実店舗に直接お酒を持って行って、その場で査定し買い取ってもらう方法のこと。

メリットは、好きな時に持って行くことができて、お店のスタッフさんのお話を聞きながら売ることができる点。
なぜこのお酒がその金額なのか、といったことも聞くことができるし、交渉次第では買取り金額をアップさせてもらうこともできるかもしれません。

近くに店舗がなくても利用可能な「宅配買取り」

お酒を持っていけるような店舗が近くにないという人は、「宅配買取り」なんてどうでしょうか。
これは、売りたいお酒をお店に配送し、買い取ってもらう方法です。

メリットは、すべての作業を自宅にいながら行えることと、お店のスタッフさんと顔を合わせずに済むことですね。
人と会うのが苦手という人にオススメする買取り方法がこれ。
段ボールなどの宅配キットを送ってくれるお店もありますよ。

査定はお酒がお店に到着してから行います。
お店から「この金額でいいですか?」と尋ねられ、その金額で問題なければ取引成立。
お金は指定した口座に振り込んでくれますから、とても便利ですよ。

家にいながら対面で売ることができる「出張買取り」

店頭買取りと宅配買取りのいいとこ取りをしたのが、最後に紹介する「出張買取り」です。
その名の通り、お店のスタッフさんが自宅やお酒を眠らせている倉庫などに来てくれて、その場で査定・買取りをしてくれるのがこの方法。

お店のスタッフさんと話をして納得した上で売りたい、でも、お酒をお店に持っていくのは面倒くさい、なんて思っている人にオススメの買取り方法ですね。
処分したいお酒が大量にある場合は梱包してお店に送るのも大変な作業となるので、その場合はこの出張買取りが便利かもしれません。

お酒の買取りサービスを行っているほとんどのお店が上記の3つの買取り方法を採用していますから、好きな方法や楽だと感じる方法を選んでみるといいでしょう。

記事一覧

お酒の買取サイト選びに迷ってるならココ!

超高額買取りを謳う「レッドバッカス」

どうせお酒の買取りサービスを利用するなら、高い金額で買い取ってもらいたいですよね。
そういう思いが強い人におすすめするのが、「レッドバッカス」です。
ここは、超高額でお酒を買い取ってくれると豪語しているサイトの一つ。
自信満々のサイトですから、査定くらいはしてもらう価値があるでしょう。

店舗の数は少ないものの、宅配買取や出張買取のサービスも充実していて、宅配買取に関しては日本全国どこでも対応しています。
遠方に住んでいる人でも問題なく査定を依頼することができますよ。

レッドバッカスの一番の特徴は、オークションの出品代行業務を行っているところ。
もしこのお店の買取り価格に納得できなければ、このサイトが仲介役となってお酒をオークションに出品してくれます。
他のサイトではあまり見られないサービスなので、気になる人は是非チェックしてみてください。


画像引用元:http://red-bacchus.com/

「リカーオフ」ならビールやリキュールも買取りOK!

お酒の買取りサービスに関連したおすすめサイトの中でも少し特徴的なのが「リカーオフ」です。

この手のサービスは、普通ワインとかブランデーとか日本酒とか焼酎とか、それなりに価値が高いお酒を中心に買い取っているんですけど、リカーオフはビールやリキュール、お酒を飲むためのグラスやオープナー、空き瓶、お酒関連の書籍等も買取り対象としている珍しいサイトです。

もちろん、何でもかんでも買い取ってもらえるわけではありませんが、それでも他のサイトよりもずっと買取り対象の幅は広いでしょう。
お酒に関するあれやこれやがたくさん家にあるという方は、リカーオフの利用を検討してみてください。
ちなみに、このサイトでは専属のソムリエ・ワインアドバイザーがいるので、査定額の信用度が高い点も特徴です。


画像引用元:https://www.hardoff.co.jp/liquoroff/

買取り大手の「大黒屋」だからこその安心感

「大黒屋」というお店は聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
主にブランド物やジュエリーなどの買取りを行っているんですけど、ここは実はお酒の買取りサービスも受け付けてくれているんです。
買取り実績に関しては、他のサイトよりも上と言ってもいいでしょう。
売る人にとって、これ以上の安心感はないかもしれません。

実際に買い取ったお酒の一例がサイト内に掲載されているのも、大黒屋がおすすめサイトである大きな理由。
自分の持っているお酒がどれくらいの金額で売れるのかは誰もが気になるところですよね。

家にあるお酒が実際にいくらで買い取られているのか、大黒屋のサイトでチェックしてみてください。
掲載されていないお酒は電話でもメールでも査定可能なので、気になる人は依頼してみましょう。


画像引用元:https://kaitori.e-daikoku.com/liquor/sake.html

お酒の買取りサービスを利用した人たちの感想まとめ

ここでは、実際にお酒買取業者を利用した人達の経験談をご紹介したいと思います。

利用者の声①「想像以上の金額になりました」

 

お酒の買取りサービスを利用するまでは、「本当に買い取ってもらえるのか?」という思いがありましたけど、いざ思い切って査定してもらったら、思っていた以上の金額になってびっくりしました。

お金になったとしても子供のお小遣い程度だろうという思いがあったんです。
ところがどっこい、知人からもらったワインに思いの外高い値がついて、その他にも余っていたお酒を何本か査定してもらったところ、トータルで6万円を超えるという結果に。

タイミングも良かったみたいです。
「最近急に人気が出てきたお酒なんです」ってお店の人がワインを指して言っていましたから。
「多分すぐにこの人気も落ちますけどね」とも言ってたんで、ちょうど持ち込んだ時期が良かったことは間違いないようです。
思い切って査定してもらって良かったって感じですね。

 

利用者の声②「こんなに簡単に買い取ってもらえるなんて」

 

主人がお酒好きということもあって、私の家には多くのお酒がコレクションされていました。
ちょうど大掃除のとき、いつになっても飲む気配のないそれらのお酒を売ってしまおうと考えたんです。
もちろん主人にも了承を得ました。
全てではありませんでしたが、合計20本以上のお酒を売りに出すことに。

インターネットでお酒の買取りサービスを調べ、便利そうなイメージから出張買取りを依頼。
すると、すぐに自宅を訪ねてきてくれて、その場で査定をし、買い取ってもらうことができたんです。

買取り価格に満足していることはもちろんなんですが、それよりも簡単に買い取ってもらえたことに驚きです。
私はずっと家にいただけですから。
こんな便利なサービスがあるんですね。またお酒が増えてきたら利用することになるでしょう。

 

利用者の声③「お酒売ってからいいことだらけです」

 

若い頃のようにお酒ばかり飲んでいては体にも悪いと、持っているお酒を全て売ることにしました!

私が利用したのは、お酒の買取りサービス。
ネットでいくつか見つけて、そうですね、全部で5社には査定してもらいましたね。
結構値段が違うもんなんですよ。
その中で一番高く買い取ってもらえるお店に売ることにしました!

私の持っていたお酒は10万円弱のお金へと変わり、そしてお酒を断つことにも成功!
お酒を売ってからまだ少ししか経ってないですけど、体が軽いし健康になれた気がしています。
前までは毎日のように買っていたお酒ももう買わずに済んでますから、貯金も今まで以上に貯まるんですよ。

正直、お酒を売ってからいいことしかありません!人生得した気分です。

 

買い取ってもらうのが難しいお酒の特徴

開封済みや価値の低いお酒はほぼNGです

世の中にある全てのお酒に値をつけてもらえるわけではないお酒の買取りサービス。
では、具体的に買取できないお酒とはどのようなものなのでしょうか。
そもそも、スーパーやコンビニなどで常時販売されているような安いお酒に関しては買取りしてもらうのが難しいでしょう。
価値の低いお酒でも、それが大量にあれば買取りが可能なケースもあるものの、多くの買取り店では取引成立が困難であると思っておいてください。

開封済みのお酒も買い取ってもらえない可能性大です。
ただ、これに関しても、しばしば買い取ってくれるお店があります。
そのようなお店を見つけるのは難しいですが、お酒の種類によってもOKとNGが変わってくるので、もし開封済みのお酒があるのであれば、一応お酒の買取りサービスを行っているお店にコンタクトを取って聞いてみると良いでしょう。

ちなみに、飲みかけではなくただ開封したことがあるだけでも、基本的には買取りしてもらえません。
空気に触れることで大事な中身が劣化してしまっている可能性が高いからです。

保存状態が悪いお酒も買取ってもらうのは困難

劣化していると買い取ってもらえない可能性が高いということは、保存状態が悪いお酒も同じように、買い取ってもらえない可能性が高いということです。
ただ、この保存状態の良し悪しにもいろいろとあるので、それを少しだけ整理してみましょう。

例えば、お酒の瓶にヒビが入っているケースがあります。
落としてしまったりぶつけてしまったことによって入れ物が傷ついていれば、それがほんの少し凹んだり欠けている程度であっても、値をつけてもらうことが難しくなります。

なぜ中身には全く影響がなくても買い取ってもらえないのでしょうか。
お酒の買取りサービスで積極的に買い取ってもらえるお酒というのは、何も中身のみに価値があるわけではなく、それが入っている入れ物やケース、付属品にまで価値がつくものなのです。
保存状態が悪ければ、中身は無事でも買取り価格がゼロなんてこともあるので注意しましょう。

ラベルに剥がれや汚れがある場合も、買取りしてもらうことがほぼできなくなります。
これには主に2つの理由があります。
1つは瓶のヒビ割れなどと同じで、商品としての価値が下がってしまうから。
もう1つは、そのお酒の中身が確認できないからです。
ラベルにはブランドや年代などが記載されていて、買取りをしているお店はそれを手がかりに買取り価格を決定することがあります。
その情報が乏しければ値段のつけようがありませんよね。

不必要なお酒が家にあるなら、状態が悪くなる前に早めにお酒の査定買取りに出すのがベストでしょう。

どんなお酒を買い取ってもらえる?の疑問を解説

たくさんあります!買取り可能なお酒の種類

不要なお酒は買い取ってもらうことができるとわかっても、世の中の厳しさを知っている大人なら「さすがにお酒ならなんでもアリっていうわけではないよね」と冷静に考えることができるかもしれません。

確かに、お酒の買取りサービスは、世の中にある全てのお酒を買い取ってもらえるわけではなく、その中の一部のみが買取りの対象となっています。

買取り可能なお酒の種類を大雑把に挙げてみると、ワインやシャンパン、ブランデー、ウイスキーなどの洋酒は、お酒の買取りサービスをやっているお店であればそのほとんどに売ることができ、また、日本酒や焼酎も買取り対象としているお店が大半を占めています。

お店によっては、リキュールやビールも買い取ってもらえるところがありますが、買取り対象としていないお店が多いので、査定を依頼する前にしっかりとチェックしておきましょう。

ワインやブランデー、焼酎は比較的買い取ってもらいやすいものの、これらも全てに値段をつけてもらえるとは限りません。
価値がないと判断されたものは買い取ってもらえないため、安く手に入れたものや市場であまり高い値段がつかないものは、査定額も低めかゼロ円であると覚悟しつつ買取り依頼に出すようにしてください。

高価買取が期待できるお酒の特徴とは?

値段をつけてもらえないお酒がある一方で、逆にとても高い金額で買い取ってもらえるお酒もあります。
上で挙げた種類のほとんどに、高価買取商品があると言ってもいいでしょう。

特にワインやブランデー、焼酎などは高価買取商品が数多くあるので、もし手元にあるなら査定を依頼してみることをオススメします。

単純に、希少価値が高いものは高い価格で買い取ってもらいやすくなります。
限定品や何十年も前に製造されたお酒、とても人気が高いお酒などがこれにあたるでしょう。
ワインなどには当たり年があるため、品質の高いお酒ができた年のものも高くなる傾向があります。

古ければ古いほど高価買取商品になるというわけではない点は要注意。
このあたりは少し素人にはわかりにくいため、やはり一度査定を依頼するのが手っ取り早い確認方法なのかもしれません。

ブランデーやウイスキーは、その入れ物(瓶)に価値がつくこともあります。
お酒の買取りサービスはあくまでもお酒そのものが買取り対象ですけど、買取り可能なお酒の種類の中に「バカラの空き瓶」を入れているお店もありますから、ここも是非チェックしておいてください。

好きなものから選べるお酒の査定方法

忙しい人にオススメのメール査定&LINE査定

いらないお酒が売れるらしい。
そんな話を聞いたら、持っているお酒を売ってお金に変えたいと誰しもが考えるはず。
是非そうしてもらいたいのですが、
お酒の買取りサービスを利用する時には、必ず「査定」してもらう必要があります。

売りたいお酒をいくらで買い取ってくれるのか、それをお店に判断してもらわなければならないのです。
お酒の査定方法はいくつかあるものの、ここでは、特に家にいながらできてしまう方法を紹介していきましょう。

最近多くの人に利用されているのが、「メール査定」「LINE査定」です。
どちらも家にいながら24時間行えるので、忙しい人にオススメの査定方法となっています。

メール査定は、買取りサービスをしているサイトの専用フォームから送るか、もしくは自分の持っているメールアドレスから指定のアドレスへとメールを送ることで査定してもらうことが可能です。
LINE査定は、買取りサービスをしているサイトを友だちに追加して査定を依頼すれば、大体の額を教えてくれます。

メール査定もLINE査定も、写真を撮影して送るだけで簡単に出来るのがポイント。
買取り店はその写真を元に査定額を提示します。
最終的な決定金額ではないものの、ほぼほぼの買取り額を知ることができるので、とりあえず持っているお酒の価値が知りたいという人は、是非利用してみましょう。

質問や疑問にすぐに答えてもらえる電話査定

メール査定やLINE査定は24時間受け付けてくれていますが、真夜中や早朝、買取りを行っているお店が開いていない曜日などは、返事が少々遅れることもあるでしょう。
質問して答えて、また質問して答えて、というラリーも少しだけ面倒くさいかもしれません。
そこを懸念している人は、「電話査定」を利用してみてはどうでしょうか?

電話査定なら、こちらの質問や疑問にすぐに答えてもらうことができますよ。
「他のお店ではこんな買取り金額をつけてもらったんですけど」なんて交渉も電話でなら簡単にできますよね。
フリーダイヤルを導入しているお店を選べば、長々と質問をしても電話代がかかることもありません。

特に、お酒の銘柄などに詳しい人にとって、この電話査定はオススメです。
写真などで情報を送れず口頭で説明する必要があるため、それが得意ならお店の人と直接やりとりがしやすいこの方法が一番便利でしょう。
メールやLINEで写真を送り、あとは電話でやりとり、なんていうのもアリかもしれません。

ここでは3つの査定方法を紹介しましたが、もちろん、都合に合わせて好きなものを選ぶことができます。
同じお店で同じ時期であれば、査定方法によって買取り金額が変わることもないので安心して選択してください。